誰でも簡単にできる節約術おすすめ13選– category –

    貯金をしたいけどなかなか貯められない、節約は何から始めたらいいの?とお悩みの方に、おすすめの節約術をピックアップ。

    家計を少しでも豊かにするには、無理なく節約術を取り入れてみましょう。

    節約術といっても、難しいものはなく意外と簡単です。

    誰でも今すぐに出来るものが多いので、是非参考にしてみてくださいね。

    目次

    節約術を取り入れる前に気を付けておきたいポイント

    生活の支出を把握する

    普段の生活でどういった支出があるのか、把握しておきましょう。

    まずは使いすぎを減らし、現状の収入に合った支出に軌道修正することが大切です。

    最近では、管理のしやすい家計簿アプリも多く配信されているので、是非活用してみてください。

    手の届く範囲の目標設定

    毎日節約していても、具体的なゴールがなければ終わりがなく、せっかく始めても途中で断念してしまうことも…。

    高い目標だと日々の暮らしが窮屈になるので、最初は小さな目標を立ててみましょう。

    例えば、1ヶ月に◯円ずつ貯めて家族で旅行に行くなどの目標でも構いません。

    本当に使いたいことにお金を使うということを意識するように心がけましょう。

    今すぐできる!簡単なおすすめ節約術【固定費編】

    固定費とは?
    毎月一定の額がかかる費用のこと。
    ここを減らすとぐっと家計の負担が減るので、見直しをおすすめします。

    格安SIMへの乗り換え

    日常使いするもので、真っ先に削減できるといえばスマートフォンの料金。

    大手キャリアの通信回線を間借りしてサービスを提供している格安SIM(MVNO)に乗り換えることで、携帯料金を抑えることができます。

    代表的なものだと、UQモバイル、mineo、LINEMO、ワイモバイル、楽天モバイルなどがあります。

    格安だからといってサービスに支障はなく、ネットや通話もプランによってはとても値下がりするのでおすすめです。

    インターネット回線の見直し

    インターネットを契約している方は、プラン内容を再確認してみましょう。

    余計なオプションがついていないか、通信料がやけに高くないか、改めて検討することをおすすめします。

    また、スマートフォンと一緒にまとめ割している光回線も多いので、そういった割引やキャンペーンを利用するのもありです。

    光熱費の削減

    ガスや電気代、水道代は夏や冬に上がりがちです。

    古い家電を省エネ家電に買い替えたり、シャワーヘッドを節水のものに変えるだけでも光熱費は抑えられます。

    また、電気やガスの使用量を意識して、節約してみましょう。

    つけっぱなしにしがちな家電は、必要なければこまめに消すことをおすすめします。

    電球をLEDに変えるだけで、電気の使用料は変動するので交換も検討してみてください。

    サブスクを見直す

    動画配信サービスや音楽配信サービスなど、今や数えきれないほどあるサブスクリプションサービス。

    入りっぱなしで利用していないサービスはないか、今一度確認しましょう。

    毎月定期的に支払っている不要なものを解約すれば、支出の削減になります。

    また、サブスクはサービスによって料金が異なるので、安いサービスで事足りるのなら乗り換えるのも一つの手です。

    今すぐできる!簡単なおすすめ節約術【変動費編】

    変動費とは?
    一定ではなく毎月変わる費用のこと。
    食費やレジャーなどは変動費になるので、自分次第で変更しやすい費用です。

    ポイントサイトやアンケートサイトでポイ活

    ポイントサイトやアンケートサイトでポイントを貯めて、貯めたポイントを普段の買い物で利用すればお得になります。

    こういったポイ活では、dポイント・Tポイント・Pontaポイントなど幅広い共通ポイントに交換できるサイトが多く、とても便利です。

    また、現金に交換すればそのまま貯金することも可能です。

    ポイ活は隙間時間にさくっと行えるので、なかなか時間が取れない人にもおすすめです。

    おすすめのポイントサイト

    ワラウ

    運営歴が23年以上で、初心者にも使いやすいポイントサイト。

    共通ポイントや現金への交換手数料が無料

    Tポイントが即時交換できるので「ポン活」「ウエル活」にもおすすめ。

    ふるさと納税の返礼品を利用する

    ふるさと納税では寄附した金額が2,000円を超えると、翌年の税金から控除されるため、積極的に行うことをおすすめします。

    返礼品の種類は日用品や食品、化粧品など様々な種類があります。

    特におすすめしたいのは、日用品や食品など日頃必要なもの。

    日用品は消費の激しいものなので、一気にストックしておくと買いに行く回数を減らせるのでとても便利です。

    漫画は定額制アプリの方がお得

    漫画を買う際には一冊ずつ購入するよりも、毎月定額制のアプリを利用した方が断然お得です。

    コミックシーモアやまんが王国などは月額制で、ポイントプレゼントなどの特典も多いです。

    アプリで読めば、置き場所にも困りませんし、クーポン利用やポイントバックでさらにお得に購入できます。

    漫画をよく読む方は是非アプリに切り替えましょう!

    おすすめの漫画アプリ

    まんが王国

    会員数750万人を突破しており、名の知れた漫画アプリです。

    ポイント購入・ポイント使用でポイント最大50%還元

    他にもクーポン配布やキャンペーンが随時実施されており、お得に漫画が購入できます。

    買い物はキャッシュレス決済にする

    キャッシュレス決済で毎月決まった額をチャージして使うことで、無駄遣い防止になります。

    また、PayPayや楽天ペイなどを利用すると現金を利用するよりも独自ポイントが貯められてお得になります。

    さらに、たまにポイント還元率が上がるキャンペーンが行われていることもあります。

    キャンペーンを利用すればもっとお得に買い物ができますよ。

    クレジットカードを利用してポイントを貯める

    クレジットカードを利用すれば、独自ポイントが貯められる店舗もあります。

    例えば、イオン系列ではイオンカードを利用すると、お客様感謝デーで5%OFFなど割引を受けられます。

    WAON一体型のイオンカードを使えば、WAONポイントが貯められて次回の買い物で利用することも可能。

    よく行くスーパーでお得になるクレジットカードがあれば1枚持っておくのをおすすめします。

    また、クレジットカードを持っていると、水族館や遊園地の入園料が割引になったり、映画館のチケットが安くなったりといろんな特典があるので、是非利用しましょう!

    店舗アプリの配布クーポンを利用する

    様々な店舗アプリでは、お得なクーポンが随時配布されています。

    例えば、セブンイレブンではおにぎりや惣菜、雑貨などで利用できる「◯円引きクーポン」が定期的に配布されています。

    また、ココカラファインやマツモトキヨシではルーレットでお得な割引クーポンが当たることも!

    お得なクーポンはアプリ上で配信されていることが多いので、よく行く店舗のアプリがあれば予めインストールしておきましょう!

    ネットスーパーや食材宅配を利用する

    冷蔵庫の食材を使いきれずに捨ててしまうという経験はありませんか?

    こういった事態を防ぐには、買い物の回数を減らすことが大事です。

    節約に成功した人の中には、生協などで週一で購入して足りないものだけをスーパーで買い足すという人も。

    計画的に買い物をし、冷蔵庫の中の物を使い切ることを心がけましょう。

    フードロスサイトで買い物する

    昨今、フードロス削減で様々な取り組みが行われています。

    その中で注目を浴びているのがフードロスサイト。

    賞味期限間近なものはかなりお得に買い物をすることが可能です。

    また、規格外だったり見た目が不揃いだったりするものは訳アリ商品として安く販売されています。

    安い食材やセール品を活用すれば、食費を抑えることができますよ。

    メルカリなどフリマアプリで出品する

    メルカリやラクマなど誰でも簡単に出品できるアプリが増えています。

    不要なものを売れば、収入にもなり、部屋もすっきりと片付くので一石二鳥。

    また、トレカやホビーグッズは売れやすいので、専門の買取サイトで買い取ってもらうのもありですよ。

    無料査定や出張買取もあるので、気軽に使いやすいのがメリットです。

    節約術に関するQ&A

    節約を成功させるポイントとは?

    無理をしないことが大切です。

    節約をして挫折した方のほとんどは、かなり無理をして節約をしています。

    欲しいものを全て我慢したり、食費を大胆に削ってしまったり…。

    無理に我慢してしまうと、ダイエットと同じく後からリバウンドが起き、結局散財してしまいます。

    使いすぎは禁物ですが、無理のない範囲で節約を行いましょう。

    節約はまず何をしたらいい?

    固定費の削減をすることが手っ取り早いですが、まずは「先取り貯金」をするのも一つの手。

    残ったお金を貯金に回すのではなく、まずは先に貯金に一定額当てましょう。

    すると、自然とお金が貯まりやすいです。

    節約術を調べたものの実践できるかわからない…

    よくわからないからあとでやろうと後回しにするのはとてももったいないです。

    貯金を増やすには、お金を使いすぎないことはもちろん、ポイ活などでちょっとした収入を得ることも肝になってきます。

    キャッシュレス決済やポイントサイトを上手く活用して、ポイ活を始めてみるのもおすすめします。

    1